吹き出物のしこり。放っておくのが正解?それとも潰すのが正解?

投稿日:

吹き出物のしこりについて

吹き出物 しこり

吹き出物にしこりがあって治らない!

そんな時どうしていますか?吹き出物のしこりを潰そうとしたり、はたまた触らないように放っておいたり…。

果たして、どんな対処方法が正しいのでしょうか?間違ったケアをしないように、正しい知識をお伝えいたします!

 

吹き出物が出来ちゃった!

思春期にはニキビと呼ばれていましたが、大人になって出来たものは「吹き出物」と憎たらしいネーミングで呼ばれ、なかなか治ってくれず私たちを困らせます(´・ω・`)

特に顔に出来てしまったりすると、目立ってしまい気分も落ち込みます。

きっと誰しもが「一刻も早く治したい!」と思うでしょう。

その時、あなたはどんな方法でケアしていますか?

吹き出物が治らないとしたら、そのケア方法は間違っているのかもしれません。

間違った方法でケアを続けてしまえば、余計に吹き出物がひどくなることも…。

そこで、今回は吹き出物に対する正しい知識と対処方法をお伝えします!

今回はしこりのある吹き出物に的を絞ってお話しようと思います。

「私の吹き出物はしこりがない!」という方は、他の記事でも吹き出物について詳しく調べていますので、よろしければそちらをご覧くださいね(^^)/

吹き出物 しこり

しこりがある!それって本当に吹き出物?

吹き出物を触ってみると、あれ?何だか硬いしこりがある…なんてことがあります。

そんな経験がある方、もしかするとそれは吹き出物ではないかもしれません。

吹き出物というのは、皮脂が毛穴に詰まったり、毛穴で菌が繁殖し炎症したりするものです。

原因としては、肌のターンオーバーの乱れ、ホルモンバランスの乱れ、不規則な生活習慣や食事などが主に上げられます。

身体・精神の状態異常から肌の環境が悪化し、吹き出物が出来るという仕組みになっています。

吹き出物は「大人ニキビ」とも呼ばれるように、痛みを伴ったり赤みを帯びたりと、炎症している状態がほとんどと言えるでしょう。

その吹き出物にしこりがあるという場合、毛穴の中で炎症が起きて膿が溜まっている、または皮脂や汚れが溜まって芯が出来ているという状態です。

しこりというよりは、炎症して腫れていると言った方がイメージが掴みやすいかもしれませんね。

触った時にゴリゴリとした硬いしこりがあるものは、吹き出物ではない可能性があります。

それは、粉瘤(ふんりゅう)と呼ばれるものかもしれません。

粉瘤とは、毛穴の一部が皮膚の深い所で袋状になり、そこに古くなった皮膚や角質、汚れや垢などの老廃物を溜め込んで出来るものです。

良性腫瘍で特に健康に害するものではありませんが、炎症した場合には痛みを伴ったり、粉瘤が大きくなることがあります。

ごく稀に皮膚ガンへ繋がることもあるようですので、急にしこりが大きくなった時などは注意が必要です。

炎症すると膿が溜まることもあるので、吹き出物との見分け方が難しく、よく間違えられる存在と言えるでしょう。

吹き出物 しこり

吹き出物か粉瘤か見分ける方法は?

まず、吹き出物にしこりがある場合は、よく観察してみましょう。

粉瘤の特徴として、しこりの真ん中に黒い点(毛穴)が出来ることが多いです。

ただ、それだけでは吹き出物の「黒ニキビ」も一緒です。

(黒ニキビ=毛穴に溜まった皮脂が酸化し、先っぽが黒くなる)

吹き出物 しこり

そんな時は、しこりを摘まむことが出来るか試してみてください。

先ほどお話したように、吹き出物のしこりは炎症した際の膿などが原因ですので、全体的に腫れている場合が多く、摘まむことが出来ません。

しかし、粉瘤の場合は皮脂の下に袋状のしこりが出来ていますので、摘まむことができ、コリコリとした小さなボール状の物を手に感じることが出来ると思います。

吹き出物 しこり

粉瘤の場合

粉瘤は放っておいても、炎症や肥大しない限り特に健康へ害を与えるものではありませんが、目立つ部分などに出来てしまうと気になりますよね(´・ω・`)

もし仮に粉瘤の中の老廃物が出て小さくなったとしても、皮膚内の袋を取り除かなくては完治とは言えません。

袋が残っている状態だと、またそこへ老廃物が溜まり再発を繰り返します。

では粉瘤はどのように処置すべきなのか。

粉瘤を治す方法は手術のみです。自然治癒もしませんし、自分で皮膚内の袋を取り除くことは出来ませんので、手術で摘出するしかありません。

「手術」と聞くと、大変怖いもののように聞こえますが、非常に簡単な手術で5分から30分程度で終了すると言われています。

また、手術後もほとんど残らず、日帰りで行える手術ですので、過度に心配する必要はないでしょう(*^-^*)

保険が適用出来るクリニックでは、手術費の相場は5,000円から15,000円程度です。

粉瘤の大きさや出来た位置によって、金額が変わるとのことです。

ただし、粉瘤は炎症している状態だと手術が出来ません。

また、現在炎症していなくても過去に炎症した事があると、皮膚の繊維が強く結びつき、手術が難しくなります。

ですので、しこりのある吹き出物が出て粉瘤だと思ったら、自分で潰したりせず触らないようにしましょう。

摘出したいと思う方は、粉瘤が小さいうちに摘出する方が手術も簡単で、費用も安く済みますので、早めにクリニックへ相談に行かれることをお勧めします(^^)

クリニックでも、粉瘤の手術を行っている所とそうでない所がありますので、必ず調べてから行くようにしてください。

その際に、クリニックごとで手術費も違いますので、いくつか比較して決めると良いでしょう。

吹き出物 しこり

吹き出物の場合

しこりのある吹き出物が、「大人ニキビ」と呼ばれる吹き出物であった場合は、スキンケア体内環境の改善が必要となってきます。

先程の粉瘤については放っておいても良しとしましたが、こちらは違います。

確かに、むやみやたらに吹き出物を触ると細菌が入り込み、炎症を起こしたり、膿んだりするので、あまり触らないようにした方が良いでしょう。

ただ、放っておいてもひどくなる可能性がありますので、しこりのある吹き出物が出来た原因を探り、状態を良くするための努力をしなくてはいけません。

吹き出物 しこり

スキンケアを見直そう!

吹き出物が出来る原因として、肌の皮脂が多くなり毛穴が詰まって出来る事があります。

そのような原因の場合は、普段のスキンケアを見直しましょう!

メイク落としの時に、オイルクレンジングを使っていませんか?

オイルクレンジングは必要な皮脂まで落とし過ぎてしまうため、肌が過剰に皮脂を出そうとしてしまうので、オイリー肌になりやすいんですよ!

洗顔で隅々まで丁寧に洗えていますか?

泡のおかげで洗えたような気になってしまいますが、意外とこめかみやおでこ、小鼻のきわなどしっかり洗えていないことが多いです。

そこから菌が繁殖し、吹き出物を炎症させてしこりが出来るといったことも考えられます。

また、保湿もしっかりと行っていますか?

乾燥と皮脂の分泌は大きく関係していて、肌が乾燥する程、皮脂を出そうとする働きが活発になってしまいます。

普段行っているクレンジング・洗顔・保湿を見直し、正しいスキンケアを行う事で吹き出物の症状を抑えることが出来るでしょう(*^-^*)

吹き出物 しこり

体内環境を見直そう!

吹き出物と腸内環境は大きく関係しているって、ご存知ですか?

普段の食生活の偏りや便秘によって、腸内環境が悪化(悪玉菌が増加)していると、老廃物の排出がうまく機能しなくなるため、肌のターンオーバーが乱れてしまいます。

ターンオーバーの乱れから、古い角質が毛穴に詰まって吹き出物になったり、しこりを発生させることがあります。

また、甘いものや油っこいものの食べ過ぎによって、毛穴の皮脂詰まりを起こす場合もあります。

吹き出物が出来てしまった時には、自分の食生活や生活習慣の見直して、体の排出機能が正常に働いてくれるように促すことが必要です。

それには、食生活や生活習慣の見直しだけではなく、休息や睡眠を十分にとり体を休ませることや、適度な運動を行う事も大変重要になってきます。

吹き出物は、体のSОSサインです。

まぁいいやと思わずに、普段の自分の行動を見直すきっかけとして下さいね!

吹き出物 しこり

吹き出物のしこりは潰すべき?

しこりと言っても、状況はそれぞれ違うと思います。

炎症して皮膚が腫れているような状況の場合、吹き出物を触ることで細菌が侵入し、より炎症を悪化させる恐れがありますのでやめましょう。

膿が溜まっていて、中央が白くなっているしこりの場合は、膿を出してしまった方が早く治る場合もあります。

これも同様に、自分で無理に潰そうとすると悪化する恐れがありますので、病院へ行き衛生面に配慮された環境で膿を出してもらいましょう。

痛みを伴う、発熱がある、ひどく炎症しているなどの場合は、病院で膿を出してもらうと、かなり楽になり、治りも早めてくれるでしょう。

吹き出物の初期に見られるしこりで、毛穴の先が黒くなっているもの(黒ニキビ)は、角質・皮脂・汚れなどが詰まって芯となっている場合があります。

これは、そのまま放置しておくと炎症を起こして悪化していくことがありますので、初期の段階でしこり(芯)を出してしまうのも良いとされています。

少し押し出せば簡単に出てきますので、セルフケアとして行うのも良いでしょう。

ただし、行う時は必ず衛生面に配慮して行い、痛みや腫れなどがある場合には絶対に無理に行わないようにして下さい。

まとめ

今回はしこりのある吹き出物について、詳しくお話しました。

皆さんのしこりは、吹き出物でしたか?それとも粉瘤でしたか?

どちらの方が良いということはありませんし、どちらにしても出来てしまうと嫌な気持ちにさせられますよね(´・ω・`)

そのしこりが、吹き出物なのか粉瘤なのかで対応が大きく違ってくることは、お分かり頂けたかと思います。

今皆さんが行っている、ケアが本当に正しいものであるかどうか、この記事を見て判断頂けたらと思います。

出来ればセルフケアで治したい「しこり」ですが、やはり自分で出来ることには限界があります。

正しいケアを行ってもなかなか治らない。そんな時は、素直に病院でプロに相談するのも良いと思います。

吹き出物くらいで病院なんて…と思っていると、炎症したしこりが大きくなって、普段の生活にも支障を来す場合がありますので、重く考えず1度相談してみましょう。

セルフケアも、病院での治療もそうですが、ひどくなってからでは遅いのです。

皆さんが、1日も早く綺麗な肌を取り戻せますように(*^-^*)

吹き出物 しこり

-吹き出物について詳しく知りたい!

Copyright© 吹き出物が治らない!原因や予防・対処方法まとめ , 2018 All Rights Reserved.